2018年9月2日日曜日

Let's スクラッチ!!

「さぁ!スクラッチをやろう!」と聞くと「宝くじでもやるの?」と一瞬思いますが、違います(-_-;)
こんにちは!FG-Spaceのの草です!

今日はお客として、子ども達(小2と年長)を連れてお豆腐販売会&子ども向けのプログラミング体験会(子どもの向けのプログラミングでscratch(スクラッチ)というものがあります☆彡)に参加しました('ω')ノ

ええ…この時点ですでに波乱の予感が…

今日のscratchの講師の先生は、齊藤先生と林先生です。
とりあえず、わが子の元気さに波乱の予感を感じた私は、先生方にワイロとして栗のお菓子を贈呈しておきました(笑)


さぁ!先生方お願いします!!


いつになく真剣な表情の小2と林先生
小2の子はここ最近、夏休みにEテレでやっていたscratchを使ったプログラミング番組で、興味を示し、今日の体験会にもの凄く乗り気で参加したところ、昼ご飯を食べるのすら忘れてかなりの集中力で教わっていました。
本人から「ぼく、ゲームを作ってみたい!」と言っていたので、林先生と一緒にすでに出来上がっているゲームを元に、絵柄だけ自分で描きなおして作成していました。
この体験会に来たときは、マウスを上手に使うことが出来なくて四苦八苦してましたが、帰るころには自分で絵を描くくらいまでカチカチと出来るようになっていて、上達したなと親として思いました。

さて、年長の子のほうはと言うと…やはりマウスを使いこなすにはまだまだ時間がかかる様子でしたが、齊藤先生が作った面白い対戦ゲームにハマってしまい、もの凄く喜んでいました。

そのゲームはというと…

齊藤先生が作ったtiny-soccerという2人プレイできるゲーム
ルールはいたってシンプル。
ボールを相手のゴールに入れるゲームです。
キーボードの右側のキャラクターは矢印キー(上下左右)、左側のキャラクターはA・S・D・Wのキーを押して操作します。
ちなみに動作としては、左右の矢印とA・Dキーが右や左に進み、上の矢印とWキーがジャンプ、下の矢印とSキーが頭突き…ヘディングをします。

齊藤先生との対戦でえげつない攻め方をする年長
年長の子は、やればやるほどコツを覚えたのかえげつない攻め方をします。
矢印キーの操作だけなのに……恐るべき未就学児Σ(゚Д゚)
私も一緒にやってみましたが、コテンパンに負けました。

さて、同時に開催していたお豆腐販売会というと…
今回はぬきぽんが店先に立ってました!
(ごめん、ぬきぽん。店先に立つ勇姿をカメラに収めそこねた…)

ぬきぽんの呼びかけで、来ていただいたお客様の中には、在宅のお仕事を始められてコワーキングスペースを探していた方や、お豆腐が大好きで「豆で生きてますから!」と明言を残していったお客様など、初めてFG-Spaceのお豆腐販売会に来ていただいた方もいて、新たな出会いもありのお豆腐販売会でした!

次回のお豆腐販売会もブログやHP(https://www.fg-space.com/)の方でお知らせしますので、また足を運んで頂けたらと思っています。


…そんな訳でお豆腐販売会は10時から16時まで(そのあと閉店まで割引価格で販売はしてます☆彡)
彼らのscratch熱はかなり激しく、17時までキャーキャー言いながらやっていました。
(先生たち大丈夫だったかな?) 
…今回初めて参加しましたが、子どもにとってとても楽しい一日になりました。
パソコン自体にあまり触れたことのない小2と年長でしたが、それでも楽しめるプログラミング体験会なので、ぜひ興味がある方はお豆腐販売会の時にお立ち寄りください!

0 件のコメント:

コメントを投稿

はじめまして。

先週から FG-Space のスタッフとなりました、ささきと申します。お豆腐を販売しながらシステムを開発するという エクストリーム 体験 をすることとなりました。でも、販売歴5年・プログラマ歴9年の私にうってつけのお仕事なのかも知れません!?? 今日は自宅外で仕事...